PageSpeed Insights で高得点を取る設定(テーマ:Luxeritas)

これはなかなか。当サイトとしては。

これもまあ良しと。

これはまあ見なかったことに。

という感じのスコアを出した設定をご紹介します。

Luxeritas 2.1.6

圧縮・最適化

  • HTMLの圧縮 圧縮率・高
  • CSSの最適化 圧縮しない
  • Javascriptの最適化 圧縮する

CSS

  • モード選択 Luxeritas Mode
  • 外部 CSS の直接出力 テーマの CSS を HTML に埋め込まない
  • 子テーマの CSS 子テーマの CSS を読み込む

Javascript

  • その他の Javascript 設定 jQuery と jQuery-migrate と Luxeritas 関連のスクリプトを全て結合する

高速化用 htaccess 使用

 

Autoptimize 2.2.2

  • HTML オプション 使用しない
  • JavaScript オプション 使用しない
  • CSS オプション 全てチェック(CSS のインライン化と遅延 は除く)
  • その他オプション 連結されたスクリプト / CSS を静的ファイルとして保存 チェック

 

Cache Enabler 1.2.2

  • Cache Behavior WebP云々以外全てチェック
  • Cache Minification Disabled

まとめ

こんなイメージ。

  • Luxeritas JavaScript担当
  • Autoptimize CSS担当
  • Cache Enabler 負荷軽減担当

環境によって千差万別かとは思いますが、参考になれば幸いです。

 

早速訂正

Autoptimizeの「JavaScript オプション JavaScript コードの最適化」にもチェック入れておいた方が安定して速いみたい。

Luxeritasの設定と被って効率悪いんじゃないかという気もしますが、JavaScriptの最適化が行われていない時があるので。