電子タバコ

2017年7月18日

電子タバコ。

ほんの去年ぐらいまではとてもマニアックなモノで、外で見かけることなど殆どなかったのですが、今年辺りからは喫茶店などでも使用している人を見かけるようになりました。きっとIQOS効果なんでしょうね。
電子タバコ

ところでIQOS。私も一時期使用していて、その利便性には感動すらしていました。煙も出ないし汚れないし臭いもしないし言うことない、と。

でも、タバコを吸わない人からすると、臭うそうなんです。

曰く、普通のタバコとたいして変わらない、とのこと。

その時は「まさかぁ」と思いましたが、今では分かります。

 

さて、電子タバコ。これは、IQOSとも異なり、タバコの葉を使用していません。主成分はグリセリン。薬局でも売っているヌルヌルしたあれです。

それを電熱線で蒸発させて吸う。

グリセリンだけでもほのかな甘みがあり、またこれは無臭なのでこれだけで吸うのも良いのですが、私はバニラオイルを混ぜています。お菓子作りに使うあれです。

なお、似たものでより有名なものとしてはバニラエッセンスがありますが、これは電子タバコには向かないようです。

違いは主成分がグリセリン(バニラオイル)か、エタノール(バニラエッセンス)かで、お菓子作りでも、熱するものについては、香りが飛びにくいバニラオイルの方を使うようです。

他にも、好みによって様々な料理用の香料やメンソールを混ぜるもよし、また最近では電子タバコ専門店なども結構あるので、調合済みのリキッドを購入するもよし。

そうそう、電子タバコに入れるグリセリン主体の液体のことを、リキッドと呼びます。

 

そして、肝心の本体。

冒頭の写真は私が現在使用しているものですが、これは現在の電子タバコ界の定番商品でもあります。

まだまだ歴史が浅く発展途上で、トレンドの移り変わりが早い電子タバコ界ですが、この商品で一応の完成を見た、といっても過言ではないかも。

そんな大定番、それがiStick Pico。
これから始める方はまずこれを購入することをお勧めします。

ところで、「iStick Pico+MELO3mini」と書かれていることにお気づきになった方もいらっしゃると思いますが、これは、「iStick Pico」が、MODと呼ばれる下の箱(ここに電池を入れます)で、「MELO3mini」はリキッドを入れて加熱する、アトマイザーと呼ばれているもので、これはそのセットということです。
ですのでこれらを別個に購入したり、他のアトマイザー、他のMODと組み合わせて使うこともできます。
ですが、繰り返しになりますが、まずは大定番のこのセットがおすすめ。
これを買っておけばまず間違いありません。今時こんな大定番ってあまりないよね、っていうぐらいの大定番です。

…とか言いながら、冒頭の写真のアトマイザーはこれとちょっと違うことにお気付きでしょうか。
これは、MELO3miniではなく、「Doggy Style」というもので、これもちょっとした定番です。
ただこれについては説明が長くなるので、また別記事にて紹介することにします。

 

 

余談ですが、これら電子タバコは、中国が先進国です。それもあってか、海外通販が圧倒的にお得です。
上に広告を貼っておいてアレですが、海外ネット通販に抵抗がない方には、こちらの利用もおすすめです。