Windows10パソコンで可愛い顔文字を使う (๑❛ڡ❛๑)ノ✰。оO(㋵㋺㋛㋗㋧♡

スマホでは可愛い顔文字をアプリで簡単に使えますよね。顔文字パレットとかそういうの。

で、パソコンでも使いたいなーと思ってWindows向けの顔文字パレットってないのかな?と探してみたけど、ない。

やはりパソコンでは辞書登録するのがいまだに普通みたい。

ということで、おすすめの顔文字辞書とその登録方法です。

顔文字辞書のダウンロード

ダウンロードはここから

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして解凍すると、辞書登録する元になる顔文字データが入っているテキストファイルがあらわれます。これを、デスクトップなど、わかりやすい場所に置いておきます。

顔文字辞書の登録

さて、ここから辞書の登録です。

ここでは、Windows10に最初から入っているMicrosoft IMEへの辞書登録について手順を解説します。

Microsoft IMEへの辞書登録

コントロールパネルを開きます。見つからなければ、スタートメニューのとなりにある丸いのをクリックして、「コントロールパネル」と入力すると教えてくれます。

Screenshot_28

コントロールパネルを開いたら、「時計、言語、および地域」の「入力方法の変更」をクリックします。

Screenshot_29

「言語」ウィンドウが開きます。「オプション」をクリックします。

Screenshot_30

「言語のオプション」ウィンドウが開きます。「Microsoft IME」の「オプション」をクリックします。

Screenshot_31

「Microsoft IME の設定」画面が開きます。「詳細設定」をクリックします。

Screenshot_42

「Microsoft IME の詳細設定」画面が開きます。「辞書/学習」タブの、「ユーザー辞書」の「編集」をクリックします。

Screenshot_43

「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」画面が開きます。

Screenshot_44

「ツール」の「テキスト ファイルからの登録」をクリックします。

Screenshot_47

「テキスト ファイルからの登録」画面で、あらかじめ解凍しておいた辞書のテキストファイルをクリックし、次に「開く」をクリックします。

Screenshot_48

顔文字が辞書に登録されます。終了したら、「終了」をクリックします。

Screenshot_49

「単語の一覧」の「読み」と「語句」をさらっとながめておきましょう。例えば、「わら@」と入力すると、「ムフッ((´∀`*)) 」といった顔文字が表示されるようになります。

Screenshot_50

以上です(ノωノ)キャー|_□∨Ε…φ(-ω-)ポッ゜・::.。.::・’゜::・'(照´∀`)ゞ・::.。.:*:・’